妊娠中 出産後 悩み

MENU

妊娠によって起こる妊娠線(肉割れ)以外の悩みや症状って?

妊娠によって肉割れが起こるのは「急激にふくらんだものが萎むとできる」物理現象として周知の事実ですが・・

 

人生の一大イベントである妊娠は、ある程度の期間出産後も母体に影響を与え続けます。

 

すなわち、「妊娠線(肉割れ)以外にもカラダに変化が起こったりして悩みが増えるんですよね(泣)

 

既に出産を経験されている方は「あ、そういうこともあった、あった」っていうものもあるかもしれません。

 

妊娠中・出産後に出てくる悩みと原因って?

出産後に見られる女性特有の悩みといえば・・・

 

・尿漏れ

 

産道確保のため「骨盤底筋群が緩む」。

 

・妊娠線・肉割れ

 

急激に大きくなるお腹に皮膚表面及び真皮がついて行けず、傷つき細胞にダメージが残る。

 

下記は全て「女性ホルモンのバランスが崩れ」が原因とされています。。

 

・乳首・脇などの黒ずみ(色素沈着)

 

・乳輪肥大

 

・デリケートゾーン(外陰部・女性器周辺)の黒ずみ(色素沈着)

 

・薄毛・脱毛(分娩後脱毛症)

 

・くせ毛になる(縮れ毛・ストレート)

 

・白髪が増える

 

・頭皮の痒み・フケが増える

 

などなど。。。

 

上記の悩みは、妊娠・出産経験者の方なら幾つかは体験したことがあるかもしれませんね。

 

繰り返しになりますが・・・

 

妊娠線(肉割れ)と尿漏れを除くと、、、

 

これらほぼ全てが「女性ホルモンのバランスの崩れ」が原因である、と言われています。

 

その証拠に半年から1年もすれば、大体の悩みは解決、あるいは解決に向かっているはずですよ^^

 

女性ホルモンが関与する出産後の悩みを少しでも早く解決するには?

とは言え・・・

 

こうった症状を少しでも早く緩和していくとすれば・・・

 

◯女性ホルモンの分泌を助ける「大豆食品」などを摂るよう普段から心がける

 

◯大豆イソフラボンを含むサプリメントの摂取する

 

といった行為が効果的です!

 

 

 

◎大豆イソフラボンサプリ摂取時の注意点

 

日本人が、「大豆食品」や「大豆イソフラボンサプリ」などを摂取した場合、腸内細菌によって女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをする「エクオール」に変換できるのは、大体「50%〜60%」と言われています。

 

それ以外の人は・・・

 

大豆系食品やサプリを摂取したとしても、体内で「エクオール」へ変換することができず「ダイゼン(大豆イソフラボン)」のまま摂取されてしまいます。

 

だから、せっかく摂った大豆食品やサプリも宝の持ち腐れ、というか、エストロゲンと同じ働きをできないままの状態で体内に吸収、あるいは排出されてしまうんですね。

 

こういった方は「ソイチェック」などを利用して「エクオール」の生産ができるのかを調べるか・・・

 

市販されている「エクエル(大塚製薬)」などの、「エクオールサプリメント」を直接摂取したほうが良いかもしれませんね。

 

※ソイチェックとは、体内でエクオールを作れるかどうかを調べる検査キットの事です

 

また、「乳首や脇の黒ずみや」「デリケートゾーン(陰部周辺)の黒ずみ」ケアには、美白効果のある「ルミキシル」や「ハイドロキノン」「デリケートゾーンの黒ずみ専用美白クリーム」などを使用するのも良いかもしれませんね^^

 

最終的には・・・

 

美容外科クリニックでの「レーザー治療」や「ピーリング」「小陰唇縮小術」などもありますよ。。

 

金額はかなりお高く付きますけど・・・。

 

参考までにm(__)m

 

関連ページ

妊娠線予防はいつから?
妊娠線を予防するクリームはいつから使えばいいのか?簡単に説明しています。
痩せててもできる?
肉割れは痩せててもできることがあります、その原因とは?
妊娠線や肉割れは消せる?
できてしまった妊娠線や肉割れは一生消えないのでしょうか?この疑問について簡単説明しています。
妊娠線ができない人って?
妊娠線や肉割れができない人っているんでしょうか?ここでは妊娠線や肉割れができにくい人と、できやすい人について説明しています。
肉割れとセルライトは違う?
肉割れとセルライトは何が違うのでしょう?ここではその違いと改善方法について簡単に説明しています。
肉割れ線のウソ・ホント
肉割れ(皮膚割れ)や妊娠線についてのいろいろな原因や迷信話(ウソ)と、ホントの話。
妊娠線予防方法
妊娠線を予防するにはどうしたら良いの?どんな方法が効果的?