妊娠線予防 クリーム いつから

MENU

妊娠線の予防はいつから始めたらいいの?予防方法って?

 

妊娠線予防っていつから始めるの?
予防方法ってどんなものがあるの?
できやすい場所ってどこ?


 

 

妊娠線は体質によってできやすい人と、できにくい人がいるみたいですが、
予防に比べてできてしまったものを薄くしたり目立たなくするのは
結構骨が折れる事なんで、まず作らないことが大事です。

 

◯保湿クリームが最適

 

妊婦さんであれば、妊娠直後から保湿クリームなどで予防を始める方も
おられますが、よく言われるのは妊娠12週〜15週目位(4ヶ月)からで、
お腹が急激に大きくなりだしたり、カラダが太り出したと思ったら
使用開始って感じですかね。


一番大事なのはお肌の保湿ということです!

 

妊娠線ができる部分は、胸からお腹にかけての部分ということになりますが、
赤ちゃんができ、つわりが終わると食欲が増してきて、適度な運動ができてないと
急激に体重が増し太ってきます。

 

そのため、思わぬ所に肉割れができることもあります。。

 

二の腕や太もも、お尻やふくらはぎなども、肉割れ(ストレッチマーク)が
できやすい場所なので気をつけておいたほうがいいでしょう^^

 

ちなみに、使用するクリームは浸透力の高いもので
皮膚表面だけでなく「真皮」まで届いてくれるものがおすすめです!

関連ページ

痩せててもできる?
肉割れは痩せててもできることがあります、その原因とは?
妊娠線や肉割れは消せる?
できてしまった妊娠線や肉割れは一生消えないのでしょうか?この疑問について簡単説明しています。
妊娠線ができない人って?
妊娠線や肉割れができない人っているんでしょうか?ここでは妊娠線や肉割れができにくい人と、できやすい人について説明しています。
肉割れとセルライトは違う?
肉割れとセルライトは何が違うのでしょう?ここではその違いと改善方法について簡単に説明しています。
肉割れ線のウソ・ホント
肉割れ(皮膚割れ)や妊娠線についてのいろいろな原因や迷信話(ウソ)と、ホントの話。
妊娠線予防方法
妊娠線を予防するにはどうしたら良いの?どんな方法が効果的?
妊娠中・出産後のカラダの悩み
妊娠中や出産後に起こる女性特有の悩みは「妊娠線(肉割れ)」だけではありません。ここでは、出産後に出てくるカラダの悩みや症状について簡単に説明しています!